18年にロッキーズでブレイクしヤンキースへ移籍したアダム・オッタビーノ

元々イニング以上の三振を奪っていた投手ですが、18年の奪三振率は13.0。

スライダーが良い投手ですが、さらに磨きあがったようですね。

こんな空振りをしては打者も恥ずかしくなるでしょうね・・・。

スポンサードリンク

アダム・オッタビーノの投球

10年にカージナルスでデビューしたオッタビーノ。
12年にロッキーズへ移籍してMLB定着を果たしています。

元々イニング跨ぎもできる優秀なリリーバーですね。

16年には球団記録となる31.1イニング連続無失点の記録を作っています。

3者連続三振。

青木選手から三振を奪ってゲームセット。

ツーシーム、フォーシーム、カッターと多彩ですな。

曲がり過ぎなぐらい曲がっているスライダーです。

打者がのけぞるもストライク。

いいスライダーですねー。

ただ、通算与四球率3.9、18年も4.2と制球力があるタイプではないんですよね。
まあ、スライダーもこれだけ曲がるとね・・・。
18年オフに3年契約を結ぶも、33歳というベテラン選手なので不安も残りますな。

スポンサードリンク