通算386本塁打のスラッガーであるアラミス・ラミレス

実働18年と長くプレーし、その半分はカブスでのプレーです。
ポストシーズンとあまり縁がなく、実力の割には地味な印象もありましたね。

スポンサードリンク

アラミス・ラミレスの打撃

98年にパイレーツでデビューしたラミレス。
当時19歳の若さです。

こちらがMLB初ホームラン。
MLBでは早期デビューは大成しないというジンクスがありますが・・・。

ラミレスは99、00年と半分はAAAで過ごし01年にMLB定着。
その後も順調なキャリアを歩んでいます。



03年DS第5戦でのホームラン。

03年のCS第4戦でグランドスラムを打っています!

07年の逆転サヨナラホームラン。

09年のサヨナラホームラン。



11年に通算300号。

13年に通算350本塁打を打っています。

13年には通算2000本安打もホームランで決めていますね。
最終的には2303を打っています。

15年シーズン途中に古巣パイレーツへ復帰。
オフに引退しています。

スポンサードリンク

アラミス・ラミレスの守備

キャリアのほとんどすべてをサードで過ごしたラミレスです。
強肩を活かした送球はともかく、守備範囲が狭く守備の評価が高い選手ではありません。

ダイビングストップから膝をついたまま送球!

ベアハンドプレー。

14年のオールスターゲームでもベアハンドプレー。

こちらは難しい打球をよく捕りましたね。



MVP級のモンスターシーズンこそありませんが、毎年安定して活躍した選手ですね。
積極的な打者で四球こそ多くありませんが、フリースインガーというわけでもありません。

毎年のように3割前後を打つアベレージもありましたね。
守備面のマイナスがあってもMLBを代表するサードの1人でした。

スポンサードリンク