17年に中日ドラゴンズでプレーし本塁打王になったアレックス・ゲレーロ

MLBでは15年に11本塁打を打ったのがすべてです。

ゲレーロは国内リーグで活躍していましたが、代表になれなかったことに腹を立てて亡命したとされます。
問題児気質のあるタイプですな・・・。

スポンサードリンク

アレックス・ゲレーロの打撃

14年にドジャースでデビュー。

こちらがMLB初ヒットですが、同年のヒットはこの1本。
15年には106試合に出場したゲレーロです。

こちらがMLB初ホームラン。
MLB時代は問題児っぷりや給料泥棒というイメージが強いのですが、デビュー当初は大活躍。
4月の月間最優秀新人にも選ばれています。

マリナーズ戦でサヨナラヒット。

翌日には岩隈久志投手から代打ホームランを打っています!

こちらは9回2アウトからお釣りなしの逆転グランドスラムです!



こちらは逆回転のイレギュラーバウンドで珍ヒット。

こちらは変なスライディングで体を痛めてしまったようです。
この当たりから調子が落ちてしまったので、もしかしたら影響があったのかな?

こちらはMLB初盗塁。
MLBでは唯一の盗塁となっていますね。


アレックス・ゲレーロの守備

NPBでは主にレフトを守っているゲレーロです。

こちらは強肩を見せつけるゲレーロ。

こちらはフェンス手前でナイスキャッチです。

こちらはキャッチをアピール。
ジョークでやっているのかと思ったら、ベンチもチャレンジしようか電話で確認していますね。笑



MLBではサードも守っているゲレーロです。
ドラゴンズでもサードを守ったことがあるようですね。

いまでは信じられないけど、キューバ時代はショートを守っていた選手です。
マイナーではセカンドへコンバートとなっていますが、結局はレフトとサードに落ち着いています。


アレックス・ゲレーロが耳を噛みちぎられる

キューバから亡命し大型契約を結んだルーキーということで、早くから注目を集めていたゲレーロ。
しかし、彼を一躍有名にした出来事といえば、14年のマイナー時代に口論からチームメイトに耳を噛み切られるという事件でしょう。

問題の相手はMLBでも実績のあるベテラン捕手のミゲル・オリーボ
そりゃあ、ルーキーが生意気なことを言ったらムカつくでしょうけど、耳を噛みちぎるとはよっぽどですからね・・・。

ちなみに事の発端は盗塁阻止の際にゲレーロが走者にタッチできなかったことだそうです。
ベンチで口論になるも、ゲレーロが引かないので殴った後に耳を噛みちぎったということで。
ゲレーロも被害者とはいえ、とんだ事件を起こしたものです。

スポンサードリンク

アレックス・ゲレーロがマディソン・バンガーナーに怒られる

もう1つもハイライトといえば、ジャイアンツのエースであるマディソン・バンガーナーに怒られたことです。

派手に悔しがるゲレーロに対して文句をいうバンガーナー。
バンガーナーは保守的な男で、老害キャラになりそうなイメージのある投手です。

ゲレーロは前の対戦でバンガーナーから代打ホームランを打っていました。
それだけに、また打ってやろうという強い気持ちがあったのでしょうが、派手に悔しがるというのもマナー違反と言えばマナー違反です。
そりゃあバンガーナーを始めとした相手選手は気分よくないですからねー。



その後のドジャース戦でゲレーロと同じくキューバ出身のプイグがバンガーナーからホームランを打っています。
この2人は天敵として知られますね・・・。

プイグにもゲレーロの件の仕返しという気持ちはあったのでしょう。
確かにドヤってはいるけど、改めて見ると言うほどドヤってもないですね。
日本的な感覚だとバンガーナーは完全な老害ですな。笑

1年後の対戦でも乱闘騒ぎに発展した両者です。
それにしてもこの2人の因縁はゲレーロがきかっけだったということかな?
プイグはあちこちでやらかしているから、プイグが悪いぐらいの印象だったけど。笑



まあ、何にしてもゲレーロも問題児気質があるタイプではありますからね。
17年はホームラン王の活躍でしたが、NPB2年もしっかりと結果を残せるか注目です。

スポンサードリンク