ブルージェイズやホワイトソックスでプレーした外野手のアレックス・リオス

5ツール・プレーヤーの1人ですが、その才能を完全に開花させることはできなかったですね。
MLBを代表するスターになれる逸材だったと思いますが、物足りないキャリアになってしまいました。

スポンサードリンク

アレックス・リオスの打撃

04年にブルージェイズでデビューしたリオス。
09年シーズン途中にはホワイトソックスへ無償トレードされたことも話題になりました。
将来の不良債権化を懸念してのことですが、それにしても無償は驚きでしたね。

グランドスラム。

サヨナラホームラン。

サヨナラグランドスラム。

1試合6安打。

13年にはサイクルヒットも達成しています。

15年DSでの逆転タイムリー。

CSでのホームラン。

こちらはホームスティールを決めるリオスです。


アレックス・リオスの守備

外野は主にライトを守ったリオス。

ワールドシリーズでの好プレー。

ランニングキャッチ。

ホームラン性の打球をナイスキャッチ!

全盛期は肩も強かったリオスですが、さすがにこれは走らせた意味がわからないレベルですね。笑

スポンサードリンク

アレックス・リオスのホームランアシスト

リオスのハイライトと言えば、なんといってもホームランアシストです。
それもアシスト具合がハンパではないんですよね・・・。

球場の形状も影響しているとはいえ、これは恥ずかしい思いだったでしょう。
完全な外野フライがホームランになってしまいました。
そりゃあハラデイも怒るでしょう。笑

一方でこちらはリオスの打球がユニフォームの中に消える珍プレーです。
サードは阪神でもプレーしたブルックス・コンラッドですね。

プエルトリコ代表として3度WBCにも出場しているリオスです。
13年は日本戦でホームランを打ち、決勝進出に貢献しています。

MLBでは通算1778安打、169本塁打でホームランが意外と少ないんですよね。
本当に伸び悩みが残念な選手でした。

スポンサードリンク