Dバックスの左腕リリーフであるアンドリュー・チェイフィン

2年目からリリーフ転向しMLB定着。
近年はワンポイントとして結果を残していますね。


アンドリュー・チェイフィンの投球

14年にDバックスでデビューしたチェイフィン。

MLB初奪三振。

6回2失点。

15年に3回無失点でキャリア初セーブ。

満塁のピンチで青木選手から三振。

スライダー。

牽制アウト。

スライダーが武器で奪三振率も高い投手ですね。
ワンポイントでの出番が多かっただけに、今後の起用法も注目ですね。

スポンサードリンク