メッツやジャイアンツでプレーした外野手のアンヘル・パガン

こちらはホームランキャッチしたかと思いきや、ボールをこぼしたようですね。
気の強い男でハッスルプレーを見せる一方で怪我も多かった選手ですね。

なかなかの男前です。

娘さんが3人いるようですね。

プエルトリコ出身の選手です。
WBCの代表にも2度選ばれています。

スポンサードリンク

アンヘル・パガンの打撃

06年にカブスでデビューしたパガン。

サヨナラホームラン。

グランドスラム。

ランニングホームラン。

ボールがフェンスに挟まりランニングホームランに。

サヨナラランニングホームラン!
この球場はクッションボールの処理が難しいので、ランニングホームランも比較的多いですね。


アンヘル・パガンの守備

外野の守備は主にセンターを守ったパガンです。

こちらは見事にトリプルプレーの起点に。

こちらも素晴らしいキャッチでダブルプレーに。

ホームラン性の打球をナイスキャッチ。

満塁のピンチでダイビングキャッチ。

ライトゴロ。

ダイビングキャッチ。

スライディングキャッチ。

フェンス手前でナイスキャッチ。

スポンサードリンク

アンヘル・パガンが捕手と揉める

パガンのハイライトに捕手のデレク・ノリスと揉めてしまったことがあります。
きっかけは落ちていたガムをノリスの方に放ったという明らかにパガンが悪いものです。笑

パガンとしてはガムが引っ付いたから思わぬところに飛んでいったというようなコメントをしたようですが。
言い分はわかるのですが、これを見るとノリスの方に放っているように見えちゃいますね。



まあ、わざとにしてもそうじゃないにしても悪気はなかったんでしょう。
しかしノリスからのサインを待つキンブレルがシュールですね。笑

ジャイアンツで2度の世界一メンバーになっているパガンです。
怪我が多くMLBに定着したのが27歳という遅咲きの選手ですね。
俊足好守の選手で、出れば安定して結果を残した好選手でした。

スポンサードリンク