メッツ期待の若手ショートであるアーメッド・ロザリオ

18年にMLB定着、19年にブレイクを果たしましたね。

18年の日米野球で来日し、ホームランを打っています。

スポンサードリンク

アーメッド・ロザリオの打撃

17年にメッツでデビューしたロザリオ。

MLB初ヒット。

本拠地初ヒットはダルビッシュ有投手から。

MLB初ホームラン。

MLB初盗塁もダルビッシュ投手から。

ファンが捕球して三塁打になるも、足が速いですねー。

アーメッド・ロザリオの守備

身体能力の高い選手ですが、いまのところ守備の評価は高くないようですね。

ダイビングストップ。

ジャンピングスロー。

バックハンドストップ。

延長13回に落球、決勝エラー。

19年は打率.287 15本塁打 72打点と23歳のショートとしては悪くない数字を残しています。
ただ出塁率は.323と高くはなく、守備もまだまだ改善の余地があるところですね。
比較されるホセ・レイエスは必ずしも期待通りの選手には育たなかったので、彼は順調に育つと良いですね。

スポンサードリンク