Embed from Getty Images

東スポがイチロー選手がシーズン中に解雇される可能性についての記事を掲載していましたね。

はっきりと言えばシーズン中に解雇される可能性は90%以上です。
それは開幕前にマリナーズの入団が決まった時点から、既定路線と言っても良い出来事なのかもしれません。
問題なのは解雇されるかどうかではなく、いつどのような形で解雇されるかです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イチローがシーズン中にマリナーズを解雇される可能性は?なぜ戦力外?

戦力外にネガティブな印象はない

さて、今後イチロー選手が解雇されるとアンチがウキウキになるのが目に見えますね。笑
日本ではシーズン中の解雇なんて、余程の不祥事を起こすか外国人選手相手ぐらいのものです。
かなりイメージの悪い出来事になるのですが、MLBではそんなことはありません。
例えるのは難しいけど、必ずしもマイナスイメージが付きまとうものではないですね。

Embed from Getty Images

僕がイチロー選手がシーズン中にマリナーズを去る可能性は100%に近いと言えるのも、何も成績面やパフォーマンスを考慮しているわけではありません。
チーム事情や現在のMLB市場を考えると当然の流れなのです。
いまのイチロー選手が全盛期並みに打って守って、それで始めて年間を通じてマリナーズでプレーする可能性が出る。
というぐらい、現在の状況は厳しいわけです。

Embed from Getty Images

それはイチロー選手に限った話ではなく、他のベテラン選手にも同じことが言えます。
いまのMLBでは同程度の実力なら若い選手が優先される傾向があります。

特にイチロー選手は第4の外野手という立場になるのですが、第4の外野手という立場が務まる選手はマイナーにもゴロゴロいるわけです。
それであれば少々パフォーマンスのクオリティが落ちても、若い選手を優先するというのが現在の流れです。
先にも言いましたが、全盛期並に活躍してようやくイチロー選手を使い続けるという選択肢がでるレベルなのです。

スポンサードリンク

マリナーズの外野手状況

もう1度言いますが、現在のイチロー選手は第4の外野手という立場になります。
そもそもイチロー選手がマリナーズと契約したのは、外野手に故障者が続出したことにあります。
ですから、故障者が復帰したら構想外になってしまうのは自然の流れになります。

Embed from Getty Images

その故障者であるベン・ギャメルの復帰が近いこともあり、イチロー選手がFAとなってしまう可能性が高いわけですね。
もうこれはチーム事情なので仕方がありません。
下記はギャメルの好プレーです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イチローがシーズン中にマリナーズを解雇される可能性は?なぜ戦力外?

イチロー選手の再契約先

今後イチロー選手がFAとなった場合、注目されるのが再契約先です。
まずMLB契約の確率はほとんどゼロと思われます。

マイナー契約に関しては可能性があるでしょうが、それも確実なことではありません・・・。
そして、マイナー契約にしてもMLB昇格はアクシデント待ちという形になります。
マイナーで鬼のように打ったら昇格できるかと言えば、そうでもありません。
他の選手の契約の兼ね合いもあるので、日本のように単純に結果だけでメンバーが決まるわけではないのが難しいところです。

Embed from Getty Images

また出場機会を求めるのであれば、独立リーグなどの選択肢もあります。
世界の盗塁王で殿堂入りの名選手リッキー・ヘンダーソンも現役晩年に独立リーグでプレーしました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イチローがシーズン中にマリナーズを解雇される可能性は?なぜ戦力外?

これは最後の盗塁となる1406盗塁。
同年44歳のリッキーは独立リーグからMLB復帰を果たしています。
ちなみにイチロー選手も44歳ですね。

Embed from Getty Images

日本のファンやメディアはイチロー選手がマイナーや独立リーグでプレーする姿を良い風に受け取られないかもしれませんが・・・。
まあ、確かに寂しい気持ちがあるのは当然ですよね。

Embed from Getty Images

ちなみに、マリナーズのマイナーでプレーするという選択肢もあります。
そこらへんのルールの説明が難しいのですが、日本で例えると育成選手みたいな立場なるってことですね。
おそらく、それよりも他の可能性を模索するのではないかと思います。

スポンサードリンク

日本球界への復帰の可能性

そしてもう1つ、日本球界への復帰というのも選択肢の1つになります。
これはもう12球団すべてが欲しいと思うような、日本野球界にとっても嬉しいことになりますよね。
イチロー選手自身MLB挑戦した当初ぐらいは、いずれ日本に戻ってプレーする気持ちがあるというコメントをしていたと思います。

Embed from Getty Images

まあ、あまりにも大きな存在なので、球団や監督も気を使う面はありそうですよね。笑
地元ドラゴンズの森監督や古巣オリックスの福良監督は球界の大先輩、福良監督はチームメイトでもありました。
そういう面ではイチロー選手に意見できる立場かもしれませんが、それでも気を使う面はありそうです。

Embed from Getty Images

ファンとしても「もし日本でも活躍できないならそんな姿は見たくない」という理由で、日本球界の復帰を望まない人もいるでしょう。
確かに年齢を感じさせるイチロー選手のプレーを見るのが寂しい気持ちはわかります・・・。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イチローがシーズン中にマリナーズを解雇される可能性は?なぜ戦力外?

まあ、いずれにしても日本球界復帰はイチロー選手の気持ちの問題ですね。
本人が望めばレギュラー待遇での復帰は可能でしょうからね。
個人的にはイチロー選手には日本でプレーしてもらいたい気持ちはありますね!

Embed from Getty Images

タイムリミットは近づいている

今後イチロー選手の打席ではこれまで以上に大きな歓声が送られるでしょう。
ファンもそれがイチロー選手の最後の打席になるかもしれないことがわかっているからです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イチローがシーズン中にマリナーズを解雇される可能性は?なぜ戦力外?

(個人的にイチロー選手のハイライトと言えばこれ)
まあ、他の選手との兼ね合いもあるので仕方がないことですね・・・。
MLBは日本と比べてもシビアなところがあるので、現在マリナーズでプレーしているのも予想外の出来事とも言えるわけですから。
いろんな意味で今後のイチロー選手からは目が離せなくなります。

スポンサードリンク