ツインズの5ツール・プレーヤーであるエディ・ロザリオ

高い身体能力を誇る選手ですね!
選手としても成熟してきて良い選手になっています。

スポンサードリンク

エディ・ロザリオの打撃

15年にツインズでデビューしたロザリオ。

初打席初本塁打を記録しています!

特大のグランドスラム。

こちらも大きな一発。

17年のワイルドカードゲームでのホームラン。

18年には1試合3本塁打。
最後はサヨナラホームランでした!

ちなみに17年にも1試合3本塁打を打っています。
しかも9番打者としての達成は18年ぶりという快挙です!

こちらは素晴らしい走塁です。


エディ・ロザリオがマナー違反に怒る

ロザリオのハイライトに、インディアンスのホセ・ラミレスのバット投げに怒りを表したシーンがあります。
この試合はツインズの負け試合ということもあり、ラミレスの打球に見惚れる仕草というのはマナー違反になります。

その後、ロザリオもホームランを打つと、ベースを周りながらセカンドのラミレスに対して文句を言っています。

もっともロザリオ自身、この数日後に危うくマナー違反を犯してしまうところでした。
5回1アウトまでノーヒットピッチングを続けていた相手に対してバントヒットを狙いました。

ギリギリのところでファール判定となり事なきを得ましたが・・・。
まあ、5回1アウト、ツインズ1点ビハインドというのは、マナー違反なのか意見は分かれるところですけどね。
少なくとも物議を醸すプレーでした。



ちなみに、なんでマナー違反なのかというと単純に言うとムカつくからです。
傍から見ていれば「勝利のために仕方がない」と思える部分もあるかと思いますが・・・。
味方投手がノーヒットを続けているのにバントヒットを狙われたらイラッとするのが普通でしょう。

野球というのは試合数が多く同じ相手とも何度も対戦するので、誰だって相手に嫌な思いはさせたくないですからね。
お互いに気分よくプレーするためにマナーが必要なのは、野球に限った話ではありません。
特に勝者は敗者を敬う必要があるわけですね。



まあ、ラミレスもロザリオも当時はレギュラーに定着していない若手選手ですし、アピールしたいという事情もありますけどね。
こういうところから先輩から教育を受けて、メジャーリーガーとしてのマナーを身に着けていくわけですね。


エディ・ロザリオの守備

まだまだ身体能力先行と言ったところで、名手とは言えないロザリオです。

スライディングキャッチ。

ランニングキャッチ。

フェンス手前でナイスキャッチ。

ダイビングキャッチ。

こちらはレフトとぶつかりそうになるもナイスキャッチ。
レフトは日ハムのオズワルド・アルシアです。



強肩でも知られるロザリオです。

サードへ素晴らしい送球です!

チームメイトのエラーを挽回する送球。

ちなみにMLBでは外野の3ポジションを守っているだけですが、マイナーでは外野と同じぐらいセカンドも守っています。
今後、セカンドを守ることはないでしょうけど、それだけ器用な選手なのかもしれません。

スポンサードリンク

エディ・ロザリオのインスタ画像まとめ

それだけロザリオのインスタ投稿をピックアップ。

Feliz año nuevo

eddierosarioguayama,puertoricoさん(@e_rosario20)がシェアした投稿 –

お子さんが3人いるロザリオ。
23歳時に三児のパパとなっていたようです。

my girls

eddierosarioguayama,puertoricoさん(@e_rosario20)がシェアした投稿 –

似ていない姉妹。
目が大きくて将来有望ですな。

Sentimiento,elegancia y malda 🦇⚾📿

eddierosarioguayama,puertoricoさん(@e_rosario20)がシェアした投稿 –

プエルトリコ出身のロザリオ。
中南米の選手はファッションセンスが派手です。笑

El bro chiquito @kennysvargas

eddierosarioguayama,puertoricoさん(@e_rosario20)がシェアした投稿 –

チームメイトのケニス・バルガス


17年にブレイクの兆しを見せたロザリオ。
18年も成績をアップさせて、好選手に成長を見せていますね!
身体能力が高い選手ですので、順調に成長して素晴らしい選手になってもらいたいところです。

スポンサードリンク