16年にオリックス・バファローズで投げたエリック・コーディエ
日本では13試合に登板、防御率は7.30と壊滅的な数字が残っています。

MLBでも制球に難があったタイプでしたからね・・・。

こちらが奥さんですね。

スポンサードリンク

エリック・コーディエのMLB時代

04年高卒でドラフト2巡目、全体63位という高順位でロイヤルズに入団。
まあ、ガッチリとした投手体型ですしね。

06年オフにはトニー・ペーニャ・ジュニアと1対1でのトレードでブレーブスに移籍しています。
ペーニャは06年にデビューしたばかりの捕手で、07年はロイヤルズの正捕手格となっています。
そんな選手と1対1ですからコーディエも高い評価を得ていたってことですね。


MLBデビューは14年にジャイアンツで。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - エリック・コーディエのMLBでの投球。元オリックスの速球派投手

初奪三振は100マイル(約160.9キロ)の速球で奪っています!

ちなみに14年のジャイアンツということは世界一メンバーでもあります。

9月デビューなのでポストシーズンでは投げていませんが、チャンピオンリングはもらっているかもしれませんね。
幸運なキャリアです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - エリック・コーディエのMLBでの投球。元オリックスの速球派投手

翌15年はマーリンズで8試合に登板。
デビュー戦は2イニングを無失点に抑えています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - エリック・コーディエのMLBでの投球。元オリックスの速球派投手

アンドリュー・マカッチェンから見逃しの三振。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - エリック・コーディエのMLBでの投球。元オリックスの速球派投手

こちらはマウンドで躓いてしまい、ボークを取られるハプニング。



一方でこちらは98マイル(約157.7キロ)の速球を打者に当てました!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - エリック・コーディエのMLBでの投球。元オリックスの速球派投手

退場になっていますが、つまりこれは故意死球だったということですね。
何かしらの伏線があったのでしょう・・・。

ちなみにコーディエは14年も6イニングを投げて3死球。
四球が2つなので、死球の方が多いという恐ろしい速球派投手です。



オリックス退団後、17年はレッドソックスのマイナーで6試合に登板。
現在は引退しているコーディエです。

野球の指導もしているようですね。
ツイッターのプロフィール欄には「PC Gamer. Rookie Golfer.」ともありますが。笑
第2の人生を楽しんでいる様子なのでなによりですな。

スポンサードリンク