マリナーズでプレーするキューバ出身の外野手ギジェルモ・エレディア

まだまだ高い身体能力を活かしきれていない印象のある選手ですね。
ただキューバ出身の選手にしては珍しく、四球は選べるタイプです。

18年は打率.236に対して出塁率.318。
まあ、もう少し打率をあげてもらいたいところですね・・・。

スポンサードリンク

ギジェルモ・エレディアの打撃

16年にマリナーズでデビューしたエレディア。

こちらがMLB初ヒット。

MLB初ホームラン。

サヨナラ打。
足が遅いわけではありませんが盗塁の少ないヘレディア。

そんなに警戒していないのに、スタートが悪いので余裕でアウトのタイミングです・・・。
MLBでもキューバ時代も盗塁より盗塁死の方が多いですね。

折れたバットが当たるハプニング。
数年前には三塁ランナーの胸に刺さる事故も起きたし、けっこう危ないんですよね。

ギジェルモ・エレディアの守備

センターやレフトを守るエレディア。
守備では抜群の身体能力を見せていますね!

こちらはあわやホームランという打球をナイスキャッチです!

こちらも見事なホームランキャッチ。

満塁のピンチでナイスキャッチ。

浅いフライをキャッチしてダブルプレー。

ダイビングキャッチ。

ファールフライをナイスキャッチ。

フェンス手前でナイスキャッチです。

スポンサードリンク

ギジェルモ・エレディアのインスタ画像まとめ

それではエレディアのインスタ投稿をピックアップ。

View this post on Instagram

No hay distancia que separen a estos 💞corazones

Guillermo Herediaさん(@heredia54)がシェアした投稿 –

こちらの女性が彼女さんかな。
身長は178センチと、メジャーリーガーとしては小柄なエレディアです。

お父さんもキューバリーグでプレーした野球選手だったようですね。

こちらがお母さん。

View this post on Instagram

Es maravilloso obtener consejos de dos grandes de la MLB.🇩🇴 🇨🇺 🇯🇵

Guillermo Herediaさん(@heredia54)がシェアした投稿 –

18年はイチロー選手と第4の外野手のポジションを争うライバル的な立ち位置でもありました。

バリー・ボンズ。
ボンズも老け込んだ印象ですねー。
54歳だから年相応なのかもしれませんが、老け込むとステロイドの影響も感じさせますな。

ケン・グリフィー・ジュニア。
ジュニアは太ったけど、あんまり変わらない。



すでに27歳と若手と言うわけではないエレディアです。
18年は89勝もしているマリナーズですが、チームの状況はよくないですからね・・・。
エレディアも一皮むけてレギュラーを張るぐらいの選手になってくれればいいんですけど。
トレードバリューがあがってくると、マリナーズの選択肢も増えるんですけどね。

スポンサードリンク