キューバ出身の両打スラッガーであるケンドリス・モラレス

キューバ時代には日本でもプレーしたグリエルやセペダと並び注目された逸材です。

スポンサードリンク

ケンドリス・モラレスの打撃

06年にエンジェルスでデビューしたモラレス。
09年にレギュラー定着のチャンスを活かし、3割30本100打点の活躍を見せました。

同年のサヨナラ打です。


15年ロイヤルズ時代のサヨナラ打。

ディビジョンシリーズ第1戦で2本塁打。

第5戦でも勝利を大きく引き寄せるスリーラン。
良いシーズンを送ってロイヤルズの世界一に貢献しています。

グランドスラム。

キャットウォークに直撃するホームラン。
センターのケビン・キアマイアーも身体能力の高さを見せつけています。

キャリアで4度もバースデーホームランを打っているようです!


ケンドリス・モラレスの守備

DHのイメージが強いモラレスですが、キャリアを通じて400試合以上にファーストとして出場しています。

こちらはファールフライをジャグリングキャッチ!
スタンドに飛び込みながらも落としませんでした!

16年には08年以来の外野を守り、好プレーを見せています!


ケンドリス・モラレスが投手デビュー

モラレスは18年に新たなハイライトを作りました!
投手デビューして9回の1イニングを無安打1四球で無失点に抑えています。

投げているボールを見てもわかるように投手経験者です。
キューバ時代にはジュニアの大会で投手として代表入り。
MLBで奪三振王になったスコット・カズミアーからホームランを打ち、投げ勝ったこともあるようです。



しかし、守備が良い選手じゃないので意外なナイスピッチですね。
MLBでもライトを守っているだけあって肩は強いんですねー。

スポンサードリンク

ケンドリス・モラレスがサヨナラ弾で珍事

投手デビューというハイライトがありましたが、それにしてもモラレスと言えばアレです。
キューバの有望株として入団時から注目され、前年にエンジェルスの主砲として活躍したモラレスですが・・・。
それでもモラレスが一躍全国区になったのは10年のサヨナラホームランでしょう。

サヨナラグランドスラムを打ちジャンプしてホームインするもスリップ。
まあ、それだけなら珍プレーなのですが、左足下腿部を骨折という重症。
5月末にしてシーズン全休になっただけでなく、翌11年シーズンも全休となっています・・・。



これはもう、ずっと語り継がれそうな球史に残るアクシデントですね・・・。
それからと言うもの、モラレスがサヨナラホームランを打ったら優しく迎えるのがお約束になっています。

13年マリナーズでのサヨナラホームラン。

16年ロイヤルズでのサヨナラホームラン。

17年4月。

17年7月にもサヨナラホームラン!
しかし、これだけサヨナラホームランを打つモラレスも凄いな・・・。



キューバ出身の選手らしく、四球は多くないので出塁率は高くないモラレス。
30本塁打以上も2度だけなので、ファーストやDHとしてはやや物足りない感もある打者です。

しかしこれまでFAの際にツインズ、ロイヤルズ、ブルージェイズといずれも払い過ぎと言われる好条件で迎えています。
それだけ評価が高い選手ということですね。

スポンサードリンク