20年は西武ライオンズでプレーするコーリー・スパンジェンバーグ

19年はブルワーズでプレー。
ドラフト全体10位指名でパドレスの有望株でしたが大成しませんでしたね。


コーリー・スパンジェンバーグの打撃

14年にパドレスでデビューしたスパンジェンバーグ。

MLB初ヒット。

代打サヨナラホームラン。

1試合2本塁打。

もう少しでホームランの三塁打。

打球に当たってアウト。

良い場面で盗塁を決めています。
まあ、スタートがよくなかったので投球次第でアウトだったでしょう。


コーリー・スパンジェンバーグの守備

MLBではセカンドやサード、レフトを多く守っています。

グラブフリップ。

ダイビングストップ。

強烈な打球をストップ。

ロングスロー。

ベアハンドプレー。

ファウルフライをナイスキャッチ。

フェンス手前でナイスキャッチ。

当時のパドレスはドラフト指名が下手なことで知られていますが、スパンジェンバーグも結果を残せず。
次に指名されたのがジョージ・スプリンガーというのも印象が悪くなりましたね。

19年はAAAで113試合、打率.309 14本塁打 28盗塁など好成績を残していますね。
異国の地でプレーするのに開幕が遅れるのは不運ですが、日本で飛躍すると良いですね。

スポンサードリンク