実働20年と長くプレーした捕手のサンディー・アロマー・ジュニア
父シニアはオールスター二塁手、弟のロベルト・アロマーは殿堂入り二塁手です。


自身も捕手にして新人王とゴールドグラブ賞をW受賞するなど、素晴らしいスタートを切っています。
オールスターにも6度出場していますが、故障が多く100試合以上に出場したのが4度しかありません。

以前見た動画で印象に残っているのがこちらの好プレーです!
抜群の身体能力を感じさせますね!
プロテクターを付けたまま、よくこんな動きが出来るな・・・。

こちらはワイルドピッチで二塁から激走するアロマー。
ポストシーズンの大舞台で何とも審判泣かせなプレーが出たものですね・・・。

スポンサードリンク

サンディー・アロマー・ジュニアのハイライト

88年にパドレスでデビューしたサンディー・アロマー。
パドレスでは8試合に出場しただけですが、インディアンスに移籍した90年に新人王の活躍です。

こちらは8回にランディ・ジョンソンのノーヒッターを破るヒット。

9回にマイク・ムシーナの完全試合を破ったこともあるようですね。

95年のサヨナラホームラン。



サンディー・アロマーのベストシーズンは97年。
打率.324 21本塁打 83打点と大活躍。

30試合連続安打も記録しています。

オールスターでも決勝ホームランを打ってMVPを受賞しています。

DS第4戦ではマリアノ・リベラから同点ホームランを打っています!

CS第4戦ではホームラン。

さらにサヨナラ打を打ってリーグ優勝に貢献しています。

ワールドシリーズでもケビン・ブラウンからホームランを打っているようですね。
WSでは結果が残せなかったブラウンですが、当時を代表する名投手です。

スポンサードリンク

サンディー・アロマー・ジュニアの乱闘

アロマーのハイライトにジョン・ドハーティとの乱闘があります。
ブラッシュボールの報復に、タイガースのドハーティも立て続けにブラッシュボールを投げたようですね。

2者連続のブラッシュボールの餌食になったアロマーが怒って、飛び蹴りをお見舞いしています!
この乱闘で両者退場になったようですね。



当時のドハーティはルーキー投手。
翌年にキャリアハイの14勝をあげていますが、怪我でもあったのかその後は結果を残せず29歳の若さでMLBラストシーズンとなっています。



現在はインディアンスのコーチを務めているアロマーです。
顔もスーパースターの弟によく似ていますね。
自身も怪我がなければスーパースター級のキャリアを歩んでいたかもしれませんね。

スポンサードリンク