Embed from Getty Images

レッドソックスの攻撃型ショートであるザンダー・ボガーツ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

こちらはロングスローでアウトを奪っています!

Embed from Getty Images

ザンダー・ボガーツの打撃

13年にデビューしたボガーツ。
球界屈指の有望株として高い期待を背負ってのデビューです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

こちらがMLB初ヒット。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

MLB初ホームラン。
20歳での早期デビューでフルシーズン1年目は足踏み。
その後は15、16年と2年連続シルバースラッガー賞と活躍しています!

Embed from Getty Images

シーズン序盤にはイチロー選手のシーズン安打記録更新ペースだと話題になったこともあるボガーツ。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

16年には26試合連続安打を記録するなど打撃好調。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

さらにキャリア初の20本塁打。
シーズン21本塁打とパワーも発揮しました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

しかし、17年は初ホームランが5月25日とスロースタート。
サイレントトリートメントで祝福されました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

こちらはリトルリーググランドスラム!
(リトルリーグホームランとはエラーで打者走者がホームまで帰ること)

スポンサードリンク

ザンダー・ボガーツの守備

守備の評価は高くないボガーツ。
攻撃型ショートとして、守備のマイナスを補っています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

こちらは素晴らしいプレーでした!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

これもよく捕りましたね!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

守備シフトでの好プレー。

Embed from Getty Images

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

ジャンピングスロー。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

ただまあ、守備範囲は広くなく、晩年のジーターみたいにゴロを捌くだけで好プレーに見えてしまうような気配も感じます。
背番号はジーターへの敬意から同じ2番となっていますが、タイプ的にも同じかもしれませんね。

スポンサードリンク

ザンダー・ボガーツのインタビュー中にハプニング

ボガーツのハイライトといえば16年、こちらのサヨナラヒット。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

この後のインタビュー中にハプニングです!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンダー・ボガーツの守備や打撃。インタビュー中のハプニングも話題に

インタビュー中にスポーツドリンクをぶっかけるのはお馴染みの光景ですが、女性レポーターにかかってしまいました!
イライラしたでしょうけど、気持ちを切り替えて笑顔で対応するプロ根性。

Embed from Getty Images

動画ではわかんないけど、こんなことになっていますからね。笑
これは腹も立ったでしょう。

Embed from Getty Images

身長178センチと長身の美人レポーター、ゲリン・オースティン
ヒールを履けば小柄なメジャーリーガーよりは大きくなります。
まあでも、女性レポーターはこんな人ばっかりですな。

Talking with Albert Pujols about his friendship with David Ortiz. #RedSox #Angels @nesn

Guerin Austinさん(@guerinaustin)がシェアした投稿 –

大打者アルバート・プホルスが、そこらへんのおっさんに見えるデカさ。笑

Embed from Getty Images

インタビューも喧嘩腰みたいに力強い口調ですけど。
人前にでる職業はデカさ、力強さが必要な社会です。

Embed from Getty Images

ちなみに04年のミス・ネブラスカという経歴を持っているようです。

Embed from Getty Images

ボガーツは19年オフにFAとなります。
守備を考えるとコンバートも検討したいところですが、レッドソックスにはポジションがありません。
26歳と若くしてFAになるわけですが、契約延長をするのかな?

Embed from Getty Images

まあ、ボガーツとしても攻守に一皮むけてもらいたいところです。
17年は怪我もあり後半戦が不調だったので挽回を期待したいですね!

スポンサードリンク