yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ザンビのコメンタリーとは?乃木坂46ファンにおすすめのオリジナル番組

秋元真夏さんが、齋藤飛鳥ちゃんに「ザンビ」の怖いシーンの演技を笑われた。
そんなインタビュー記事がありましたね。

で、これを見て「コメンタリーってなんだ?」と思われた方もいるかもしれません。
これは動画配信サービスのHuluで公開されているザンビのオリジナル番組「ビジュアルコメンタリー」のことです。



メンバーがザンビの映像を見ながら、撮影時の裏話や感想などを話すトーク番組になっています。
僕はHuluでザンビを見ていますが、ドラマよりもこのコメンタリーの方がおすすめです。

そもそもドラマ自体に興味のないファンの方も多いと思うし、怖いのが苦手で見られない方もいると思います。
コメンタリーでは一応ドラマの映像も一緒に流れていますが、10分ぐらいカットされています。
そもそもメンバーのトークがメインなのでセリフとかもよく聞こえないし、コメンタリーでドラマの内容を把握することはできませんね。




ですが、ドラマにあまり興味のない人からすればメンバーの内輪ネタを聞けるだけでも楽しいはずです。
怖くて見られない方もコメンタリーならメンバーがずっと喋ってくれているので怖くありません。
コメンタリーを見てから本編を見たら怖さも半減するかもしれませんね。

ちなみに齋藤飛鳥ちゃんが笑っていたのは、1話の秋元さんが死んだように見えるシーンのときですね。
「怖いのと面白いのが一気に来る」なんて話していました。


秋元さんも怖いシーンなのに笑われたから困っていましたね。
彼女は怒った顔をするのも難しいらしく、ドラマ自体も経験が少ないらしいので演技にも自信がないのかもしれません。

自分の演技を見て「ちょっとぶりっ子していますね。ハッハッハ」なんて、ビジネスぶりっ子を告白するかのようなコメントもありました。笑




ちなみにHuluではNOGIBINGOにもオリジナル番組の「NOGI ROOM」があります。
こちらはメンバーのトーク番組で、感謝の手紙コーナーとかもありましたね。

僕が印象に残っている手紙は松村沙友里さんの白石麻衣さんへ向けた手紙で、自身のスキャンダルがあったときの話。
齋藤飛鳥ちゃんが北野日奈子ちゃんからの手紙で泣いたのも印象的かな。



秋元真夏さんはずっとぶりっ子しているんですけど、手紙を読むときは真面目になって読むのも上手だから好きでした。笑
毎回秋元さんに読んでほしかったぐらいですね。

ちなみに僕はイジリー岡田さんが好きでNOGIBINGOを初回から全話見て、いまでは現役の1~3期生は全員覚えました。
それまで4人しか知らず(秋元、生駒、白石、高山)齋藤飛鳥ちゃんも顔は把握していたけど、名前は知らなかったぐらいです。
まあ、齋藤飛鳥という名前は聞き覚えがあったけど、顔と名前は一致しないみたいな。

僕にとってザンビはNOGIBINGO以外で乃木坂46をきちんと見る初めての番組になります。(去年の紅白でも見たけど)




ザンビはドラマよりもビジュアルコメンタリーの方が好きですね。
ファンの方もコメンタリーの方が好きという方も多いんじゃないかな?

ちなみにHuluでは1話ほど先行配信されています。
これを書いている時点で地上波では2話が放送されていますが、僕はHuluで3話まで見ています。
そもそも放送地域外で見られない方も多いと思いますがHuluなら関係なく見られますね!




ドラマがおすすめとは言わないけどコメンタリーはおすすめです。
台本ありきのやりとりよりも、最低限の台本だけでメンバーの自由なトークが見られる方が面白いですよ。
ぜひ、Huluからコメンタリーもチェックしてみてください。


-解約はアカウントページからクリックだけなので気軽に動画が見られると思います-
>>乃木坂46主演ドラマ「ザンビ」

※紹介している作品は、2018年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。