現在はツインズの正捕手としてプレーしているジェイソン・カストロ

デビュー当時は強打の捕手という印象でしたが、いまでは守備型捕手ですね。

スポンサードリンク

ジェイソン・カストロの打撃

12年にアストロズでデビューしたカストロ。
ドラフト全体10位指名の大型捕手ということで、未来の正捕手としての期待を背負った選手です。

13年の特大ホームラン。
フルシーズン1年目で打率.276 18本塁打 56打点と、当時は攻撃型捕手のイメージがありましたね。

14年の延長11回サヨナラホームラン。

15年の9回2アウトからサヨナラスリーラン!

同年のサヨナラ弾。
13年以降、打撃成績が右肩下がりなのは残念でしたね・・・。


ツインズ移籍初年度の17年は打撃成績も盛り返しています。
さらなる飛躍も期待したいところですね。

スポンサードリンク

ジェイソン・カストロの守備

現在は守備型の捕手とも言われているカストロです。

捕手としての統率力など目に見えない部分や、フレーミングに優れていると言われます。
(フレーミングとはストライクともボールとも取れる球をストライクとコールしてもらうキャッチング技術)

こちらは見事な盗塁阻止。
特別強肩というわけではないカストロです。

こちらもパーフェクトスロー。

ピッチアウトで余裕のアウト。

盗塁阻止です!



ファールフライをナイスキャッチ。

こちらもダグアウトに落ちるボールをナイスキャッチです!



ツインズとの契約は19年まで残っています。
17年は前年103敗のチームをワイルドカードまで導く活躍。

投手陣の信頼も厚いと言われるカストロです。
18年は膝の故障で全休となっていますが、無事に復活してもらいたいですね。

スポンサードリンク