19年にマリナーズからヤンキースへ移籍したジェームズ・パクストン

エース級の実力者ではあるのですが、なんといっても故障が多いのが欠点です。

セレモニーの最中、ワシが止まるハプニングで注目を集めましたね。

スポンサードリンク

ジェームズ・パクストンの投球

13年にマリナーズでデビューしたパクストン。

7回9奪三振。

10奪三振。

8回1失点。

18年にキャリアハイの16奪三振。

次の登板では母国カナダでノーヒッターを達成しました!

レッドソックス戦での好投。

100マイルの速球。

ツーシーム。

カーブが武器の投手ですね。

19年も故障離脱がありましたが18年ほどの成績を残せていません。
まあ、いまだに規定投球回数を投げたことがない投手ですから、故障離脱も計算済みでしょうけど・・・。
それにしても実力者だけに、故障の多さが残念な投手ですね。

スポンサードリンク