フィリーズ黄金期を支えた00年代を代表するショートのジミー・ロリンズ

将来的には殿堂入りの可能性も十分にある選手ですね。
通算打率.264、出塁率.324とリードオフタイプとしては低いのが難点でした。

スポンサードリンク

ジミー・ロリンズの打撃

00年にフィリーズでデビューしたロリンズ。

MLB初ヒットは三塁打。

01年のMLB初ホームラン。
盗塁王になって新人王投票では3位になっています。

ランニングホームラン。

06年は38試合連続安打を記録。
連続試合安打はシンプルな割に凄さがわかりにくい記録ですが、38試合というのは歴代8位という凄い記録になります。

07年には史上4人目の20二塁打 20三塁打 20本塁打 20盗塁を記録。
ナ・リーグのMVPにもなっています。

09年のチャンピオンシップシリーズ第4戦で逆転サヨナラ打。

12年に通算2000本安打を達成。

14年にはフィリーズの球団記録となる2235安打を記録しています。

通算200本塁打も記録。



15年にはトレードでドジャースに移籍。

スリーラン。

凱旋試合ではスタンディングオベーションで迎えらえました。

09年には通算300盗塁。
通算で470盗塁を記録しています。

Get up and work @topflightacademy with Big cuzzo still throwing strikes!

Jimmy Rollinsさん(@jrollins11)がシェアした投稿 –

ジミー・ロリンズの守備

ショートの守備はゴールドグラブ賞4度の名手ロリンズ。

08年は好プレーで地区2連覇を演出。

ジャンピングスロー。

ロングスロー。

こちらは試合を締めくくる好プレーです!
打者のクリス・ジョンソンがコーチに胸ぐらをつかまれています・・・。
どうやら投げたヘルメットが当たり、コーチが怒っているようですね。

スポンサードリンク

ジミー・ロリンズの家族

それではロリンズのインスタ投稿をピックアップ。

I’ll take 2 scoops 🍦

Jimmy Rollinsさん(@jrollins11)がシェアした投稿 –

My girls wishing me a “Happy Daddy’s Day” and presented me with my own Castle! ☺️😂👑

Jimmy Rollinsさん(@jrollins11)がシェアした投稿 –

娘さんが3人いるロリンズです。

こちらが奥さん。

お母さん。
身長は170センチと小柄なメジャーリーガーであるロリンズですが、やはりお母さんは体格が良いですね。



殿堂入り選手となると、ややインパクトが弱い印象もありますけど。
それでもフィリーズ黄金期でプレーし、MVP1度、ゴールドグラブ賞も4度。
通算2455安打でショートというポジションを考えても素晴らしい選手ですね!

スポンサードリンク