11年ブルワーズでセーブ王に輝いたジョン・アックスフォード

18年終了時で543試合に登板144セーブをあげています。
デビュー当時のインパクトはなくなりましたが、26歳の遅咲きデビューにして長く活躍していますね。

スポンサードリンク

ジョン・アックスフォードの投球

09年にブルワーズでデビューしたアックスフォード。
10年にMLB定着を果たし、トレバー・ホフマンの後釜としてクローザーも務めています。

11年は74試合2勝2敗46セーブ 防御率1.95と大活躍。
その後も息の長い活躍を見せていますが、やや一発屋の感もある投手です。

13年はカージナルスの投手としてワールドシリーズにも登板。

2試合で好リリーフを見せています。

2回5奪三振。

13年以降はクローザーを務めることもなくなりましたが、15年にロッキーズで25セーブを記録しています。

デビュー当時は独特なヒゲも話題になっていた投手です。
18年はブルージェイズとドジャースで計50試合に登板しています。


19年は18年と同じようなブルージェイズとマイナー契約でのスタートとなっていますね。
もう36歳になり現役も晩年ですが、まだまだMLBでの活躍を期待したいところです。

スポンサードリンク