05年ホワイトソックスの世界一メンバーであるスコット・ポドセドニック
井口資仁選手と1、2番コンビを組んでいましたね。

この1、2番はオジー・ギーエン監督の「スマート・ボール」の象徴でした。
まあ、実際は長打力と投手力で勝ったようなチームでしたけど。


ポドセドニックは暴走するし、盗塁失敗も多いし、井口さんとしてはフラストレーションが溜まる相手だったようです。笑
まあ、初球でビシッと決めてくれるならまだしも、盗塁をしようとする走者なんて打者にとっては案外邪魔なものですしね。



ちなみに来日経験もあり、05年には正月特番の「スポーツマンNO.1決定戦」にも出場しています。
名前も印象的だし、比較的日本でも馴染みのある選手でしょうね。

スポンサードリンク

スコット・ポドセドニックのハイライト

01年にマリナーズでデビューしたポドセドニック。
マリナーズではほとんど出番はなく、03年ブルワーズに移籍してMLB定着。
打率.312 43盗塁を決めて新人王投票2位になるなど注目を集めました。


翌04年に70盗塁を決めて盗塁王になると、オフにホワイトソックスへトレードされています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スコット・ポドセドニックのハイライト。Wソックス世界一メンバー

レギュラーシーズンは0本塁打ながら、DS初戦でスリーラン。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スコット・ポドセドニックのハイライト。Wソックス世界一メンバー

さらにワールドシリーズでもサヨナラホームランを打つ活躍。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スコット・ポドセドニックのハイライト。Wソックス世界一メンバー

第4戦では俊足を飛ばしてナイスキャッチ。
ポストシーズンの出場はこの1年だけですが、見事な活躍で世界一に貢献しています。



しかし、ML定着時に27歳という遅咲き選手ということもあり、30歳で迎えた06年からは低調。
と、思いきや09年に打率3割を打つなど復活を見せています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スコット・ポドセドニックのハイライト。Wソックス世界一メンバー

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スコット・ポドセドニックのハイライト。Wソックス世界一メンバー

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スコット・ポドセドニックのハイライト。Wソックス世界一メンバー

09年にはサヨナラ打を3本。
怪我もあり11年はMLBでのプレーはありませんが、ラストシーズンの12年も63試合で打率3割を打っています。
それが最後のシーズンというのも、もったいない印象ですね。



元々守備が良い選手でもありませんでしたし、四球を選ぶタイプではないので出塁率も高くはありませんでしたからね。
アスリートタイプだけに、もっと若い頃から活躍で来ていればと思わされますね。
まあでも、メジャーリーガーとして十分な成功を収めた選手でした。

スポンサードリンク