Embed from Getty Images

スーツスタイルで気を付けるべきポイントに靴下があります。
靴下というのは目立たないようで、意外と目立つ部分です。

さらに困ったことに靴下はこだわってもプラスになることはないのですが、マイナスにはなってしまいます。
ですので、最低限NGと言われる部分は避けないといけません。

スポンサードリンク

スーツの靴下は脛が見えないように。肌が見えるのはNG

スーツの靴下はロングホーズが基本になります。
ホーズというのは膝下まであるソックスのことです。
ホーズには冬は暖かくて良いというメリットがあります。
夏には暑苦しい印象があるけど、汗を吸ってくれるのでベタつかないというメリットがあります。

Embed from Getty Images

スーツ姿で座ったときや、足を組んだ時に脛が見えるのはマナー違反になります。
海外では破廉恥行為にも等しいマナー違反と言われる地域もあるようですが、日本ではマナー違反と言われてもピンとこない感覚ではあります。

でも日本人から見ても単純にかっこ悪いし、汚い印象を受けることもあります。
ですから素肌が見える状況は避けるためにもロングホーズが好ましいですね。(薄い素材で肌が透けるのもNG)

Embed from Getty Images

スーツの靴下でくるぶしソックスはNG

スーツでくるぶしソックスというのもマナー違反になります。
先にも言いましたが、スーツの足元から素肌が見えるというのは単純にかっこ悪くマイナスです。

そもそも、くるぶしソックスというのはカジュアル色のイメージが強いです。
大人の男がビジネスの場で履くものではありませんね。

スーツの靴下で白色は厳禁

さて、スーツの靴下で最もやってはいけないのが白靴下を履くことです。
たまに見かけることがありますが、絶望的にダサいので要注意です。

白靴下というのも学生とかカジュアル、スポーツを連想させるものですから、ビジネスの場にはふさわしくありません。
ただ、マナー以前に、とにかくかっこ悪いので絶対に履いてはいけません。
スーツに白靴下は似合いません。

Embed from Getty Images

スーツの靴下は無地が基本。柄入りやロゴマーク入りは避ける

そしてスーツの靴下は無地が基本です。
ただこれはいろいろな意見があるようで、派手な柄でなければ良いという人もいます。
僕としては無地の方がいいと思いますが・・・。

Embed from Getty Images

柄入りの靴下はどこか落ち着きのなさを感じるというか、大人の男がビジネスの場で着用するのは不釣り合いに見えます。

少なくとも無地が基本とされていることは頭に入れた方が良いと思います。
ちなみに、ブラック、ネイビー、グレーなどダーク系の靴下を用意しておくと問題ないですね。

Embed from Getty Images

スーツの靴下でオシャレは考えない

先の柄入りソックスにもつながる話なのですが、スーツの靴下でオシャレは考えない方がいいです。
目立つ靴下を履いていると「俺イケてるでしょ」的な印象を受けます。

要するに無地が基本とされている以上、おしゃれアピールに見えてしまうわけです。
もちろん、みんながみんなそう思うわけではないですよ。

Embed from Getty Images

ただ派手な靴下を見て「かっこいいな」と思う人なんてそうはいません。
「あの靴下素敵」なんて思ってくれる人は、最初からあなたに好意を持っている人だけでしょう。

多く人が何も思わないか、マイナスに見るかです。
最初に言いましたが靴下はプラスになることはなくても、マイナスにはなるアイテムです。
スーツスタイルに限ったことじゃないけど、男のファッションでおしゃれは目指しては駄目ですね。

Embed from Getty Images

特に女性に「おしゃれ」と言われたら要注意です。
おしゃれというのはいろんなニュアンスがあるので難しいところですが・・・。

「〇〇さんはおしゃれなイメージ」というように、普段のあなた自身を評価しての「おしゃれ」という言葉なら、とりあえずはセーフと考えていいかもしれません。
ただ、その日の服を見て「おしゃれですね」と言われたら、これは駄目です。

それはもう嫌味で言われたと思って改めた方がいいです。
たとえ相手に悪気がなくとも、服が目立っている可能性が高いので男のファッションとしては良いものではありません。

それこそ周りから俺イケてるでしょ風に見られている可能性が高いです。
男のファッションはいかにベーシックで周りに溶け込むか、です。

スポンサードリンク

スーツスタイルで靴下の合わせ方

靴下の色は先にも言いましたが、黒系のものを用意してくといいです。(あとは茶系)
僕の考えとしては黒っぽいものであれば、とりあえず何も考えずに履いて良いと思いますけど。

基本としてはスーツか靴の色に合わせると良いとされています。
ただ、明るい色ならともかく、暗い色なら何を合わせてもマイナスに見えることはないです。(たぶん)
うまいことスーツや靴とグラデーションになっているハズですので、神経質に合わせる必要はないです。

Embed from Getty Images

スーツの靴下は難しく考えなくても大丈夫

靴下と言うのはプラスになることはなくても、マイナスにはなるアイテムです。
・脛を見せない
・白色は避ける
・ダーク系の無地を選ぶ
この3点さえ抑えておけばマイナスになることはありません。

あと、靴を脱ぐ機会も多いと思うので、ボロボロの靴下はよくないですね。
まあ、別に靴下選びというのは難しいものではないので、気楽に毎日の靴下を選んでくださいね。

スポンサードリンク