内外野を守るユーティリティープレーヤーのチャーリー・カルバーソン

18年からブレーブスでプレーし、2年連続100試合以上に出場しています。

この投稿をInstagramで見る

Saint Simons, you were great! Until next time!

Charlie Culbersonさん(@charlieculberson)がシェアした投稿 –

家族写真。

スポンサードリンク

チャーリー・カルバーソンの打撃

12年にジャイアンツでデビューしたカルバーソン。

13年ロッキーズでMLB初ホームラン。

14年ロッキーズ時代のサヨナラ弾。

16年のサヨナラホームラン。

17年WS第2戦でのホームラン。

チャーリー・カルバーソンの守備

19年終了時でレフトやショートを多く守っているカルバーソンです。

ダイビングキャッチ。

バントフライをナイスキャッチ。

ダイビングストップからのダブルプレー。

スピンスロー。

ファウルフライをナイスキャッチ。

ブレーブスでは内外野のバックアップとして存在感を見せていますが。
通算出塁率3割以下と打力がある選手ではないですね。
現在30歳でそろそろベテランの域にも入ってきますが、引き続きMLBで活躍できると良いですね。

スポンサードリンク