Embed from Getty Images

アスレチックスなどでプレーした外野手のテレンス・ロング
00年に新人王投票2位の活躍。
01、02年と連続で全試合出場など、悪くないキャリアのスタートですが・・・。

Embed from Getty Images

05年にロイヤルズのレギュラー格として例年通りの活躍をするも、FAとなったオフに獲得する球団が現れず・・・。
ヤンキースとマイナー契約し、MLBでは12試合に出場したのが最後になっています。

こちらは息子さんかな。
顔もよく似ています。

スポンサードリンク

テレンス・ロングのハイライト

通算出塁率.318とアスリートタイプにありがちなフリースインガーだったロングです。
ちょうどマネー・ボールが流行った時期なので評価も落ちてしまった面もあったかもしれませんね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - テレンス・ロングのホームランキャッチ!イチローのレーザービームでアウト

01年のディビジョンシリーズではヤンキース相手に1試合2本塁打。
そしてロングと言えば、なんといってもこちらの好プレーです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - テレンス・ロングのホームランキャッチ!イチローのレーザービームでアウト

マニー・ラミレスの逆転サヨナラホームランをキャッチして、試合を締めくくりました!
これは凄いプレーですね。
当時のアスレチックスは強豪で、レッドソックスはここ一番で勝ち切れないチーム。
勢いの差みたいなものも感じます。

スポンサードリンク

テレンス・ロングが好プレーの餌食に

テレンス・ロングというのは実績の割に日本でも知名度のある選手です。
ロングを知らなくても、どこかで聞いたことのあるような名前だと思った方もいると思います。
マネー・ボールにも名前が登場している選手ですが、それよりもこちらですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - テレンス・ロングのホームランキャッチ!イチローのレーザービームでアウト

イチロー選手の代表的な好プレーであるレーザービームの餌食になった選手です。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - テレンス・ロングのホームランキャッチ!イチローのレーザービームでアウト

また01年のDSではデレク・ジーターのザ・ダイブでアウトになった打者でもあったようですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - テレンス・ロングのホームランキャッチ!イチローのレーザービームでアウト

まあ、ザ・ダイブと言えば一般的にレッドソックス戦のこちらの方を指すわけですが・・・。
こちらは04年のプレーですね。
ライバルのレッドソックス戦、しかもショートのノマー・ガルシアパーラは評価が転落していた時期。
そういうこともあって、流血してまで体を張ったジーターの株が上がったプレーです。

Embed from Getty Images

しかしまあ、ロングも怪我があったならともかく、気の毒な最後になってしまいましたね。
パワーヒッターではないとはいえ、バリバリのメジャーリーガーなので日本の球団が獲得しても面白かったかもしれませんね。
フリースインガーだと期待は薄いですけど。
レギュラー選手でも契約がないという、MLBの競争の激しさを感じさせる出来事でした。

スポンサードリンク