先発、クローザーとして活躍した殿堂入り投手デニス・エカーズリー

レッドソックスでは20勝をあげるなどエースとして活躍。
アスレチックスでは50セーブをあげるなどクローザーとして活躍しています。

88年のワールドシリーズで、カーク・ギブソンから打たれたホームランが1番有名なシーンでしょうね。

スポンサードリンク

デニス・エカーズリーの投球

75年にインディアンスでデビューしたエカーズリー。
クローザー転向後のアスレチックスのイメージが強い投手ですね。

ウェイド・ボッグスから三振を奪いセーブ。

90年CSの締めくくり。

92年のオールスターで締めくくり。

92年の50セーブ目。
同年はキャリアハイの51セーブをあげています。

98年キャリアラストセーブ。

通算197勝390セーブ、先発としても二桁勝利9度ですし、本当に長く活躍していますね。
引退前年も36セーブを挙げる活躍で、実働24年、43歳まで長くプレーしています。
先発としてもリリーフとしても長く活躍した極めて珍しい大投手ですね。

スポンサードリンク