ブルージェイズでプレーする内野手のデボン・トラビス

身長は175センチと小柄な選手ですね。
デビュー当初は素晴らしい活躍だったのですが、故障もあり伸び悩んでしまいました。

守備も悪くなかったんですけどね。

スポンサードリンク

デボン・トラビスの打撃

15年にブルージェイズでデビューしたトラビス。

MLB初ヒットはホームラン。

17年には5月の球団記録となる15本の二塁打を打っているようです。

11球粘って上原投手からホームラン。

グランドスラム。

満塁に強いことで知られます。

サヨナラ打。
ラミレスが捕っていれば・・・。

ワイルドピッチでサヨナラ生還。

この投稿をInstagramで見る

Another step closer. ✊🏾 #TrustTheProcess

Devon Travisさん(@devotrav)がシェアした投稿 –

デボン・トラビスの守備

ポジションはセカンドのトラビスです。

このカバーは素晴らしいですねー。
気も抜いているだろうし、なかなかアウトにはできないですよ。

こちらもトンネルをカバー。

ダイビングストップ。

バックハンドプレー。

センター前のフライをナイスキャッチ!

ワイルドカードゲームでの好プレー。

ジャグリングキャッチ。

この投稿をInstagramで見る

Trust the process.

Devon Travisさん(@devotrav)がシェアした投稿 –

19年は膝の故障もありMLBでのプレーはありません。
18年も103試合に出場していますが、出塁率は.275。

デビューから2年連続打率3割を打ったのですが、打撃での貢献ができなくなってきましたね。
小柄な選手だけに故障が多いとなるとキャリアの危機ですね・・・。

スポンサードリンク