アストロズなどで活躍した外野手のデレク・ベル
91年にブルージェイズでデビューして、93年パドレス移籍後にMLB定着を果たしています。

98年アストロズ時代のサヨナラホームラン。

98年はケリー・ウッドの1試合20奪三振の20個目の奪三振を奪われています。

スライディングキャッチ。

ダイビングキャッチからダブルプレー。
見事なプレーですね!

ちなみにアストロズとのトレードではロベルト・ペタジーニが交換相手の1人になっていたようですね。
引退後には薬物関係で逮捕されるなど、問題もあった選手です。

ひざの故障もあり32歳の若さで引退していますね。
前年はレギュラー格の活躍だったので、急にMLBを去ることになっています。

スポンサードリンク