ヤンキースでプレーするリリーフ右腕のトミー・ケインリー

17年にブレイクを果たすも18年は故障もあり低迷。
19年は再び好スタートを切っているようですね!

ドラフト指名はヤンキースですが、ルール5ドラフトでロッキーズに移籍。
その後ホワイトソックスを経てヤンキースへ復帰。
ポストシーズンも大活躍で、リリーフの価値を上げた立役者と言えるかもしれません。

スポンサードリンク

トミー・ケインリーの投球

14年にロッキーズでデビューしたケインリー。

キャリア初セーブ。

こちらはグラブの紐が長いといちゃもんをつけられるケインリー。
こんなこともありましたが、これがケインリーだったのか。

ヤンキース戦で打たれてイライラするケインリー。

17年シーズン途中にトッド・フレイジャー、デビッド・ロバートソンと一緒にヤンキースへ移籍。

17年のワイルドカードゲームでは2回1/3をパーフェクトリリーフ。

DS第4戦でピンチの場面で登板、6アウトセーブ。

CS第5戦でも2イニングを無失点。

カッター。

チェンジアップ。

17年に奪三振率13.8、与四球率2.4も、通算与四球率は4.6と悪いんですよね。
17年は投球フォームを変えて制球力が改善されたようですが、18年の故障でまたおかしくなってきたかな?
まあ、19年は内容も良くなっているみたいなのでフルシーズンの活躍を期待したいですね!

スポンサードリンク