球界屈指の偏屈者で知られるトレバー・バウアー

身長は185センチとMLBのエース級投手としては特に大きな選手ではないですね。
体格に恵まれていないからこそ頭を使い、独自の価値観から球団との衝突とも絶えなかった投手です。

ピッチングトンネル。

チームメイトの打撃フォームを真似。

スポンサードリンク

トレバー・バウアーの投球

12年にDバックスでデビューしたバウアー。
ドラフト全体3位指名で球界屈指の有望株でしたが、性格が災いしてオフにはインディアンスへ放出されています。

1失点完投勝利。

13奪三振。

14奪三振。

16年のCSでは登板前にドローンの操作中に負傷。
出血から1回途中で降板したことで一躍有名に。

18年にサイ・ヤング賞級の活躍で本格ブレイク。

7回ノーヒッター。

19年には降板時にイライラからバックスクリーンに向かって大遠投。
その後、レッズへトレードされてしまいました。

カーブ。

スライダー。

19年はキャリア初の200イニングを投げましたが、18年の活躍を再現することはできませんでしたね。
20年はFAイヤーですし、18年の再現を期待したいですね!

スポンサードリンク