Embed from Getty Images

レッズやタイガースなどでプレーしたドミトリー・ヤング
弟のデルモン・ヤングもメジャーリーガーです。

Embed from Getty Images

兄はドラフト全体4位、弟は全体1位という高順位指名兄弟としても知られます。
12歳離れた弟は兄以上の素質と言われた有望株でしたが、兄ほど活躍できませんでしたね。

スポンサードリンク

ドミトリー・ヤングのハイライト

ヤングのハイライトと言えば、何と言っても05年の開幕戦です。
史上3人目となる開幕戦3本塁打を達成しました!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ドミトリー・ヤングのハイライト。晩年は糖尿病に悩まされた強面好打者

他の2人はブルージェイズの主砲として活躍したジョージ・ベル
そして日本で大活躍したタフィー・ローズが記録しています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ドミトリー・ヤングのハイライト。晩年は糖尿病に悩まされた強面好打者

NPBで強打者として活躍した時代に比べると細いですね。
でも特徴的な打撃フォームや、特にフォロースルーなんか日本時代と同じですね!

Embed from Getty Images

ちなみにヤングは03年に記録した29本塁打がキャリアハイ。
見た目と違ってパワーヒッターではないので、やや物足りない感もありますけど・・・。

それでも通算打率.292、08年の引退シーズンも50試合ながら打率.280、出塁率.394と活躍しています。
怪我や糖尿病がなければもっと長くプレーできたかもしれません。

Embed from Getty Images

ヤングは96年にカージナルスでデビューしています。
同年のチャンピオンシップシリーズで2点タイムリー三塁打を打っています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ドミトリー・ヤングのハイライト。晩年は糖尿病に悩まされた強面好打者

97年オフにエクスパンション・ドラフトで新球団のデビルレイズに移籍。
直後にレッズへトレードされています。

デビルレイズは同ドラフトでボビー・アブレイユも獲得しながらフィリーズへトレードしていますけど・・・。
そういうところで見る目がなくて、長期低迷につながってしまいましたね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ドミトリー・ヤングのハイライト。晩年は糖尿病に悩まされた強面好打者

こちらはライトでの好プレー。
ファーストとレフトで400試合以上、ライトでも100試合以上に出場しています。

Embed from Getty Images

強面で弟が問題児で知られたので、彼も問題児っぽい印象もありますけど。
チームメイトからも人望が厚い、兄貴分的存在だったようですね。

お父さんが海軍のパイロットだったとのことで、厳しい家庭で育ったのかもしれません。
まあ、それだと弟が問題児の説明がつかないけど。笑
お父さんはアフリカンアメリカン初のF-14戦闘機操縦士ってありますから凄い人なんですね。

Embed from Getty Images

引退前年はナショナルズで打率.320のハイアベレージでカムバック賞も受賞しています。
そのカムバックというのも糖尿病やアルコール依存症が原因の低迷からでした。

実働13年で通算1389安打、171本塁打などメジャーリーガーとしては成功のキャリアですけど。
体調管理がきちんとできていれば、もっと大成していたのかもしれません。

スポンサードリンク