オリオールズのフランチャイズプレーヤーとしての期待を受けたニック・マーケイキス

凱旋試合ではスタインディングオベーションで迎えられています。
良くも悪くも安定感がある選手ですが、要は伸び悩んでしまいましたね・・・

ちなみにアマチュア時代は投手としても活躍。
オリオールズは打者として評価してドラフト全体7位の高指名で入団しています。



マイナー時代にはギリシャ代表としてアテネオリンピックに出場。
敗戦処理ではありますが日本戦でも登板し、1回を無失点に抑えています。
まだMLBでの登板はありませんが、そろそろ現役も晩年だし投手デビューが見られるかもしれません。

スポンサードリンク

ニック・マーケイキスの打撃

06年にオリオールズでデビューしたマーケイキス。
147試合の出場で打率.291 16本塁打 62打点 出塁率.351と活躍。
ルーキーの当たり年だったこともあり、新人王投票は6位となっています。

11年に通算1000安打。

サヨナラ打。

14年に初出場のポストシーズンで初ヒット。

さらにホームランも。



14年オフにFAでブレーブスに移籍しています。

お子さんが2000本安打のカウントダウン。

17年に通算2000本安打を打っています。

スポンサードリンク

ニック・マーケイキスの守備

ゴールドグラブ賞3度の名手であるマーケイキス。
ダイビングキャッチが多く好プレー集の常連でしたね。

ピンチの場面で見事なダイビングキャッチ。

ホームラン性の打球をナイスキャッチ。

ダイビングキャッチ。



こちらは素晴らしいキャッチを見せたアレクシー・カシーヤの頭にマーケイキスの膝が入りました・・・。
スローで見るとカシーヤも当たることはわかっていたっぽいですが、完全な不意打ちだったら事故だったかもしれませんね。
無事でよかったです。

赤ちゃんに挨拶をするマーケイキスです。



契約最終年だった18年はゴールドグラブ賞を受賞するなど良いシーズンを送りました。
意外なことに初のオールスター出場でもあったようですね。

なんだかんだでもう35歳なので、大型契約は期待できませんが。
近年の傾向を見ると、レギュラー待遇でのオファーがあれば良いというぐらいなのかもしれませんね。
若手時代の期待を思うと伸び悩んだ感はあるのですが、名選手の1人ではあります。

スポンサードリンク