MLB公式のインスタグラムに投稿された捕手の好プレー集が話題になっていますね。

View this post on Instagram

Gotta show some love to the catchers. 😤

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 –

見慣れない捕手もいると思いますが、その中の1人がノールック送球の捕手です。
ずんぐりとした体形でイバン・ロドリゲスかと思うような風貌ですが。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ノールック送球の捕手はウィリアン・アストゥディーヨ!18年にMLBデビュー

彼は18年にツインズでデビューしたウィリアン・アストゥディーヨ
27歳のオールドルーキーです。

スポンサードリンク

ウィリアン・アストゥディーヨのノールックピックオフ

ちなみにノールックのピックオフが行われたのは18年のスプリングトレーニングです。(日本でいうオープン戦)
まだMLBデビュー前ってことですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ノールック送球の捕手はウィリアン・アストゥディーヨ!18年にMLBデビュー

これはサインも出ていたのかな?
ボケっとしていればファーストも送球を捕れませんね。笑

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ノールック送球の捕手はウィリアン・アストゥディーヨ!18年にMLBデビュー

18年の6月末にデビューしてMLBの舞台でも好プレーを見せています。
30試合の出場で打数が少ないとはいえ打率.355も打っています。
マイナー通算打率も3割を超えるなど打撃も悪くはないようですが、四球を選ぶタイプではないみたいですね。

View this post on Instagram

Final game of the season today 😭 Good luck boys enjoy the offseason ⚾️

Willians Astudillo Fanpageさん(@willians.astudillo)がシェアした投稿 –

この体型でファースト、サード、さらにはセカンドや外野も守るユーティリティープレーヤーのようです。
マイナーではMLB昇格の可能性をあげるために複数のポジションを守るのが一般的ではありますが。
それにしても、この体型だけにユーティリティーとは意外ですね。

まあ、あのノールックピックオフもいろんなポジションを経験しているからこそ、できることかもしれません。
アメリカ人が好きそうな風貌ですし、人気者になる素質もありそうですね!


ただ年齢的に多くのチャンスが与えられる立場ではありません・・・。
とはいえ、ツインズの正捕手ジェイソン・カストロは18年にほぼ全休しており、捕手の層が厚い球団ではないですからね。
MLB定着のチャンスは巡ってきています。

スポンサードリンク