アスレチックス三本柱の一角として活躍したバリー・ジート

ジートの代名詞と言えばMLB最高とも言われたカーブです!
凄いボールですね・・・。

こちらは三本柱の始球式。
マルダーってけっこう男前なんだな。

スポンサードリンク

バリー・ジートのハイライト

00年にアスレチックスでデビューしたジート。
7月22日のデビューで7勝をあげています。

MLB初奪三振ベンジー・ギルから。
どんな球かわからない・・・。

1年目に初完投となる完封勝利をあげています。

カーブでダブルプレーを打たせ完投勝利。



06年オフにFAとなるとジャイアンツと7年の大型契約を結びました。
期待外れのイメージが強いですが、健康にプレーしてローテを守ったのは評価できる点です。
まあ、元々払い過ぎと言われた契約だったからな・・・。

7回無失点。

こちらはタイムリーヒット。
打力があるタイプの投手ではありませんね。


バリー・ジートがMLB復帰

13年にジャイアンツとの契約が終了すると実質引退状態だったジート。
しかし15年には古巣アスレチックスで復帰するとMLBでもプレーしました。

復帰戦はリリーフ登板で1回を投げて2失点。

先発で4回2失点。
3試合に登板して防御率10点台と結果を残すことはできませんでした。



MLBは現役引退した選手が復帰するケースもたまに見られます。
アンディ・ペティットなんか復帰後もローテ投手として活躍しましたからね。

日本に縁があるところでも、ゲーブ・キャプラーは復帰後に打率3割を打ちましたからねー。
日本でも引退した名選手が復帰すると盛り上がるでしょうし、可能なケースがあれば見てみたいものですな。

スポンサードリンク

バリー・ジートの奥さんが美人

それではジートのインスタ投稿をピックアップ。

View this post on Instagram

Pumped up for my show tonight!

Barry Zitoさん(@barryzitomusic)がシェアした投稿 –

ミュージシャンとしての顔も持つジート。
色男でも知られます。

そして奥さんもかなりの美人です!
それもそのはず、07年のミス・ミズーリに選ばれている美人モデルです。

View this post on Instagram

Great day in the Bay.

Barry Zitoさん(@barryzitomusic)がシェアした投稿 –

息子さんがいるようですね。



テディベアを持ち歩いたり、調整にヨガや瞑想を取り入れたり変わり者でも知られる投手です。
通算165勝、アスレチックス時代には8年間で102勝。
マネー・ボール時代のアスレチックスを支えたエースで、球団史に残る名投手ですね。

スポンサードリンク