マリナーズなどで活躍した外野の名手であるフランクリン・グティエレス

色男で女性人気も高かったと言われる選手ですね。

スポンサードリンク

フランクリン・グティエレスの打撃

05年にインディアンスでデビューしたグティエレス。
09年マリナーズ移籍後に注目を集めましたね。

14年に過敏性腸症候群という胃腸の病気で全休。

15年に復帰するとキャリア初のサヨナラホームランも。
59試合の出場ながら打率.292 15本塁打を打つなど打撃でも活躍しています。

グランドスラム。

17年はドジャースでプレー。
同年がMLBラストシーズンとなっていますね。

スポンサードリンク

フランクリン・グティエレスの守備

外野の守備はMLBトップクラスだったグティエレス。

こちらは素晴らしいダイビングキャッチ!

これも凄いキャッチですねー。

ホームラン性の打球をキャッチ!

フェンス手前でナイスキャッチ。

スライディングキャッチ。

ライトでも素晴らしいキャッチ。

10年にゴールドグラブ賞を受賞するも、翌年から胃の病気に苦しむようになりました。
ですから、レギュラーとしての活躍期間は3年と短いものとなっています。
フライなら何でも捕ってしまうと言われた名手だっただけに、全盛期が短かったのが残念です。

スポンサードリンク