1974年に日本でもプレーしたフランク・ハワード
MLBでホームラン王2度、通算382本塁打の大物メジャーリーガー。

長く来日した外国人選手でMLB最多本塁打を打っていた選手ですね。
来日時には故障でまともにプレーできない状態で、1試合の出場に終わっています。

スポンサードリンク

フランク・ハワードのハイライト

初のホームラン王が68年、31歳のシーズンという遅咲きの選手です。

同年の39本目のホームラン。
44本塁打でホームラン王になっています。

身長2メートルの巨漢打者です。

翌69年のオールスターでのホームラン。

ジョージ・ブレットの兄、ケン・ブレットから4三振。

ナショナルズOBということもあり、19年のWSで姿を見せています。
現在は83歳と高齢ですね。

日本でも高い注目を受けていたようですが、期待を裏切ることに。
まあ、動けない選手を獲ってきたんだから仕方がないですね。

スポンサードリンク