19年はパイレーツでプレーする左腕のフランシスコ・リリアーノ

デビュー当時は大エース級の活躍でしたが、それを思えば伸び悩んでしまいましたね。

この投稿をInstagramで見る

Con la familia

Francisco Lirianoさん(@fliriano45)がシェアした投稿 –

お子さんが4人もいるのかな?

スポンサードリンク

フランシスコ・リリアーノの投球

05年にツインズでデビューしたリリアーノ。

11年にはノーヒッターを達成しています。

伸び悩んだ感もあったのですが、13年パイレーツ移籍後にプチ復活。

13奪三振。

16年ワイルドカードゲームでは好リリーフで勝利投手に。

10奪三振。

スライダー。

チェンジアップ。

ホームラン。

センター方向にも。

19年はパイレーツに復帰してリリーフ投手として戦力になっていますね。
なんだかんだで息の長い活躍を見せています。
デビュー当初の高い期待を思えば物足りないけど、良いキャリアを歩んでいますね。

スポンサードリンク