ジャイアンツの主力選手でファーストを守るブランドン・ベルト

本拠地が打者に不利ということもあってか、ファーストにしてはホームランが少ないですね。
17年終了時シーズン18本が最多ですが、18年は更新しそうな勢いではあります。

こちらが奥さんと息子さんです。

スポンサードリンク

ブランドン・ベルトの打撃

11年にジャイアンツでデビューしたベルト。
選球眼に優れた選手ですが、怪我も多くやや殻を破りきれない印象もありますね。

13年のサヨナラヒット。

スプラッシュヒット。

特大のホームラン!

グランドスラム。

14年ワールドシリーズでのバントヒット。

シフト破りのバントヒット。

こちらはポストシーズン最長タイとなる延長18回の決勝ホームラン。
ホームのファンは気の毒ですな・・・。

17年は頭部死球が。
脳震盪の症状に悩まされたようで、これでシーズンお休みとなってしまいました。
後遺症が気になるところでしたが、18年は好調ですね。


ブランドン・ベルトの守備

主にファーストを守っているベルト。

ワールドシリーズでのダブルプレー。

見事なスライドストップです!

バントフライをキャッチ。

一塁線の打球を上手く処理。
守備が上手そうな見た目ですが、実際に守備も良いですね!

スポンサードリンク

ブランドン・ベルトとキリン

ベルトはベイビー・ジラフというニックネーム。

こちらはそのニックネームにあやかったキリンの子供と交流です。

Throwback Thursday #sfgiants

Brandon Beltさん(@brandonbelt)がシェアした投稿 –

ジャイアンツと言えば、パブロ・サンドバルのカンフー・パンダもお馴染み。
ベルトも動物ニックネームで人気者です。



怪我が多いことも成績が伸びてこない原因になっているベルトです。
21年までの長期契約を結んでいますから、活躍してもらわないと困る選手です。
18年は自己ベストのペースで活躍しているので、この調子を維持してもらいたいところですね!

スポンサードリンク