18年のサイ・ヤング賞投手でレイズでのエース左腕のブレイク・スネル

21勝5敗 防御率1.89 180.2イングを投げて221奪三振。
エースとして見事に飛躍を遂げましたね!

スポンサードリンク

ブレイク・スネルの投球

16年にレイズでデビューしたスネル。

デビュー戦は5回1失点。

16年は6勝をあげていますね。

5回1/3を投げて9奪三振。

18年のワンヒッター。

18年の20勝。
長身の速球派左腕ですね。

View this post on Instagram

You won’t like him when he’s angry.

Tampa Bay Raysさん(@raysbaseball)がシェアした投稿 –

18年はオープナーで球界に革命を起こしつつあったレイズですが、スネルに対しては普通に先発投手として起用。
実際に大エースとしての働きを見せてくれましたからね。
19年は大型契約を結んで迎えるシーズンということで、今後の活躍も期待ですね!

スポンサードリンク