アスレチックスでプレーする先発左腕のブレット・アンダーソン

Dバックスにドラフト入団後、マイナー時代にダン・ヘイレンを中心としたトレードでアスレチックスに移籍。
08年の北京五輪の3位決定戦の日本戦に登板し勝利投手になっています。

とにかく怪我が多いことで知られますね。

スポンサードリンク

ブレット・アンダーソンの投球

09年にアスレチックスでデビューしたアンダーソン。

3イニングを投げてセーブ。

古巣相手に7回2失点。

7回1失点。

6回7奪三振。

18年はアスレチックスで17試合に先発4勝5敗 防御率4.48。
かつてはガラスのエースというイメージもありましたが、いまでは投げてもエース級のピッチングが出来ていませんね。

タイムリーヒット。

セーフティースクイズ。
というか守備側のミスですな。

こちらは打席で指を痛めたようです・・・。

送球を避けようとして、あわや負傷。

こちらは試合中にバットを削って遊ぶアンダーソンです。

08年はA+とAAで投げ、09年にAAAを経由せずに飛び級でMLB昇格。
11勝をあげ新人王投票6位の活躍を見せましたが、その後20試合以上に登板したのも1度だけ。
早期デビューは大成しないというジンクスを体現した投手ですね・・・。

デビューが早かったので、まだ31歳とイメージよりは若いんですよね。
ここからキャリアが好転する可能性は低いわけですが、少しでも健康を維持して投げてもらいたいですね。

スポンサードリンク