Embed from Getty Images

先日フィリーズの人気イベント「ホットドッグキャノン」で負傷者が出たようです。
ホットドッグキャノンというのは、その名の通り(?)大砲でホットドッグを飛ばすイベントです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

こんな感じでちょっと卑猥な見た目ですが。笑
こうやって食べ物を飛ばすとは、日本だったらお叱りを受けそうなイベントです。

ちなみに、こちらが負傷してしまった女性ファンですね。
マスコットはフィリー・ファナティックというMLBを代表する人気マスコットです。
カープのスラィリーにそっくりですが、デザイン会社が同じですね。

スポンサードリンク

ホットドッグキャノンの動画

ホットドッグキャノンは人気選手が登場することもあるイベントです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

こちらは通算612本塁打の殿堂入りの大打者ジム・トーミ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

こちらのマット・ステアーズはMLBでのブレイク前に中日ドラゴンズでプレーしています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

こちらはコール・ハメルズクリフ・リーの二大左腕エース。
機械の調子が悪く、フィリー・ファナティックに投げつけています。笑
こういうのも日本だったら食べ物を粗末にするなって批判されるんでしょうねー。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

これなんて豚のマスコットに発射していますからね。笑
事故が起きたのでこういうジョークも控えないといけなくなりますね。

ただまあ、僕がこの女性ファンの立場だったら、自分のせいで人気イベントが規制される方が嫌ですけどね。
彼女も同じ気持ちなんでしょう。
危険性があることもわかったわけですが、この件で外野にあれこれ言われたくもないでしょう。

スポンサードリンク

MLBの球場とホットドッグ

アメリカの球場飯と言えば、ホットドッグというイメージです。
こちらはホットドッグ片手にファールボールをキャッチするファン。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

アメリカの球場飯ってホットドッグをはじめ、片手で食べることが出来るものが基本なので野球観戦向きなんですよね。
その点は日本の球場飯と違うところですが、食文化の違いもあるから必ずしも日本の球場飯がファンのことを考えていないとは言い切れないですな。

こちらは人気解説者ジェリー・レミーに誕生日のホットドッグをおねだりする少女です。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

レミーと言えばマー君がマウンドに通訳を連れてくることを批判した人で、老害的なイメージも付いてしまいましたが・・・。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

少女からハグをおねだりされる人気者です。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

こちらはボールよりもホットドッグに夢中な少年。

Embed from Getty Images

ホットドッグ片手に野球観戦というのは、野球ファンの贅沢の1つです。

ちなみに日本でも試合より売り子さんに夢中でビールを飲みまくる人がいるように、アメリカにも試合より食べ物に夢中な観客が多いとされます。
だからこそ日本では売り子さんに、アメリカでは食べ物にも力を入れているわけですね。
まあ、酔っぱらって周りのお客さんに迷惑をかけるようでは困りものですが、球場での楽しみ方も人それぞれです。

Embed from Getty Images

ちなみにMLBの売り子さんは日本のようなかわいい女の子というわけではありません。
その代り名物オヤジみたいな人がいて、ピーナッツとかの袋を見事に投げる様が人気になっているようです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ホットドッグキャノンで怪我をした女性の画像。アメリカの球場飯

独自のパフォーマンスで売り上げを伸ばす努力をしているわけですね。
日本の売り子さんもエロ男の相手が大変なのですが、アメリカの売り子さんもパフォーマンスに磨きをかけるのに努力をしているわけですね。

スポンサードリンク