アスレチックスの先発投手であるマイク・ファイヤーズ

17年アストロズの世界一メンバーですが、ファイヤーズは不振でポストシーズンの登板はありませんでした。
18年はキャリアベストのシーズンとなる12勝8敗 防御率3.56という数字を残していますね。

スポンサードリンク

マイク・ファイヤーズの投球

11年にブルワーズでデビューしたファイヤーズ。

1イニング9球で三者三振。

8回1失点。

6回14奪三振。

ファールフライを巡ってアダム・リンドと交錯。

牽制アウト。

18年途中にアスレチックスへ移籍すると5連勝を記録するなどチームに貢献しています。

15年アストロズ時代にはノーヒッターを達成していましたね。
まったく記憶になかったな・・・。

スポンサードリンク

マイク・ファイヤーズvsジャンカルロ・スタントン

ノーヒッターを達成しているファイヤーズですが。
彼の最大のハイライトと言えば、ジャンカルロ・スタントンとの因縁です。

14年にスタントンの顔面に投球。
といっても、これはスイングをしているからストライクなんですけど。


スタントンはこれで顔面を骨折し、残りのシーズンは全休。
それでも37本塁打で、なんとか本塁打王にはなっています。

この怪我があってスタントンはフェイスガード付きのヘルメットを使用するようになりました。
そしてファイヤーズが揉めたのはこの後です。

スタントンの代打で登場したリード・ジョンソンにも顔の近くに投球。
まあ、これもスイングしているんですけど・・・。

日本でもお馴染みのケーシー・マギーが激怒。
乱闘騒ぎに発展してしまいました。




そして18年タイガースとヤンキースに舞台を移しての因縁の対決。

ここでもスタントンにぶつけて口論。
直後の打席ではホームランを打ったスタントンです!

こういう場面で打つんだからスタントンも凄いですねー。
ファイヤーズも気の強い男ではあります。

18年オフはFAになると、アスレチックスと2年契約を結んでいます。
アスレチックスはリリーフはともかく先発が弱いですから、ファイヤーズも昨年並みの活躍を期待したいところですが。
もう34歳になるベテラン選手ですのでどうなることか・・・。

スポンサードリンク