主にツインズで活躍した外野手のマイケル・カダイアー
ドラフト全体9位という高順位で指名された選手ですね。
ツインズが強かった時代の主力選手の1人です。

スポンサードリンク

マイケル・カダイアーのハイライト

01年にツインズでデビューしたカダイアー。
04年にMLB定着を果たしています。


12年からロッキーズでプレー。

13年には27試合連続安打を記録。
打率.331で首位打者に輝いています。

14年にはサイクルヒットを達成。
ツインズ時代にも記録しており、これがキャリア2度目の達成です。

グランドスラム。

サヨナラ打。

15年にメッツで1500安打を記録。
同年限りで引退しています。

スポンサードリンク

マイケル・カダイアーの守備

元々はショートとしてドラフトされた選手ですが、MLBでは主にライトを守っています。
ファースト、サード、セカンドでのプレーもありますね。

ホームラン性の打球をキャッチ。

フェンス手前でナイスキャッチ。

前進守備で好プレー。
シモンズを踏んづけるも、謝罪するダーノーが良いですね。

こちらはそれた送球を見事キャッチですが・・・。
足が離れているように見えるけど、この動画じゃあわかんないですね。


また、カダイアーと言えばこちらの珍プレーです。

ライナーを弾くもなんとかキャッチです!

View this post on Instagram

Thank you @twins and twins fans for the unforgettable weekend!

Michael Cuddyerさん(@mcuddy5_3_23)がシェアした投稿 –

17年にはツインズの球団殿堂入りも果たしていますね。
派手なスター選手ではありませんが、見た目通りに人格も優れていたと言われる選手で人気者です。
長年人工芝の本拠地でプレーしたこともあってか晩年は故障続きでしたが、名選手の1人ですね。

スポンサードリンク