90年代ジャイアンツなどで活躍したマット・ウィリアムズ

サードとしてゴールドグラブ賞4度と攻守に活躍した選手ですね。

サードでの好プレー。

スポンサードリンク

マット・ウィリアムズのハイライト

87年にジャイアンツでデビューしたウィリアムズ。

89年のCSで同点ホームラン。

94年のサヨナラ打。

同年はリーグ最多の43本塁打。
ストライキもあり112試合での達成。
ロジャー・マリスのシーズン本塁打記録更新の期待もかかっていたペースですね。

95年のサヨナラ打。

97年インディアンスに移籍しWSでホームランを打っています。

99年Dバックス時代のサヨナラホームラン。

01年はDバックスで世界一メンバーになっていますね。

03年現役最後のヒット。
通算1878安打、378本塁打を記録しています。

引退後はコーチや監督を務めていますね。
14年はナショナルズで最優秀監督賞を受賞しています。

これは判定に不満があるというより選手を守るための退場劇ですね。
まあ、ストライクなんですけど選手がこれだけ怒れば、監督としては退場しに抗議しなければなりません。
MLBの監督が抗議するとき、本気で怒っているケースはほとんどないと言われています。

ちなみに20年からは韓国の起亜タイガースで監督を務めるようですね。
MLBで選手としても監督としても実績のある男ですが、異国の地でも成功できるかどうかですね。

スポンサードリンク