カブスなどで第4の外野手としてプレーしたマット・シーザー

アマチュア時代はアメフトのスター選手でしたが、プロでは野球に専念。
16年カブスの世界一メンバーになっています。

この投稿をInstagramで見る

😘

Matt Szczurさん(@superszcz4)がシェアした投稿 –

こちらが奥さん。

スポンサードリンク

マット・シーザーの打撃

14年にカブスでデビューしたシーザー。

MLB初ヒット。

MLB初ホームラン。

ラッキーなサヨナラ打。

グランドスラム。

マット・シーザーの守備

外野の3ポジションを守るシーザーです。

フェンス手前でナイスキャッチ。

ダイビングキャッチ。

19年はDバックス傘下のマイナーでプレーしていますが、MLBの昇格はありません。
もう30歳で第4の外野手としては変えの利きやすいタイプですから、MLBの昇格は厳しいかもしれませんね。

スポンサードリンク