MLB屈指の守備力を誇るアスレチックスのサード、マット・チャップマン

高校時代に投手としても98マイル(約157.7キロ)を投げていた強肩選手です。

この打球がダブルプレーって凄いな。

スポンサードリンク

マット・チャップマンの打撃

17年にアスレチックスでデビューしたチャップマン。

MLB初ヒット。

MLB初ホームラン。

特大ホームラン。

守備のイメージが強い選手ですが、18年は打率.278 24本塁打 68打点 出塁率.356と打撃でも活躍。

マイナー通算打率.244 出塁率.327ですからねー。
パワーはあるものの確実性に難ありだった男が、見事な成長を見せています。

スポンサードリンク

マット・チャップマンの守備

高校時代からMLBでもトップクラスと言われた強肩の持ち主ですが。

肩だけではなく総合力もMLB屈指の守備を誇るサードになっています。

ダイビングストップ。

スライドストップ。

ジャンピングキャッチ。

ロングスロー。

強烈な打球も楽々アウトに。

素晴らしいダブルプレー。

ファールフライをナイスキャッチ。

レフトのファールフライも素晴らしいキャッチです!

球界を代表するサードへとなりつつあるチャップマンです。
19年日本での開幕シリーズはマリナーズ一色の報道になるでしょうけど、アスレチックスから数少ない取り上げられそうな選手です。
超一流の守備は問題ないでしょうけど、打撃も2年連続での好成績を残すか注目ですね!

スポンサードリンク