ジャイアンツの強打のエース投手として活躍したマディソン・バンガーナー

本業の方でも活躍しているのですが、打撃の方が印象強いかもしれませんね。
ライバル球団にクレイトン・カーショウがいるのもその影響かな。

マウンド上では派手な自己主張を好まない保守的な男で、相手打者と揉めることも。

特にヤシエル・プイグとは犬猿の仲で知られます。

スポンサードリンク

マディソン・バンガーナーの投球

09年にジャイアンツでデビューしたバンガーナー。

20歳の若さでデビューしていますね。
早期デビューは大成しないというジンクスを破り、順調なキャリアを歩んでいます。

14奪三振完投。

7回1/3を投げて14奪三振。

13奪三振完封勝利。

ワンヒッター。

スライダー。

カーブ。

好プレー。


マディソン・バンガーナーのポストシーズン

バンガーナーと言えば14年のポストシーズンで伝説的な好投を見せ全国区になった投手です。

ワイルドカードゲームで完封勝利。

CS初戦では7回2/3を投げて無失点。
第5戦でも8回3失点で2勝目をあげシリーズMVPに。

WS第5戦で完封勝利。

第7戦でも5回から5イニングを無失点で世界一の瞬間もマウンドへ。
WS初戦でも7回1失点の好投ですから、ポストシーズン史上最高のピッチングというのも大袈裟ではありませんね。

スポンサードリンク

マディソン・バンガーナーの打撃

打撃が良い投手で知られるバンガーナーです。

交流戦でDHを使わずに打席に立ったことも。

バント失敗のあとにホームラン。

こちらもグレインキーから。

カーショウからホームラン。

2年連続でカーショウから

グランドスラム。

この試合では捕手のポージーと史上初のバッテリーグランドスラムを達成しています。

17年には史上初の投手開幕戦2本塁打。

代打で登場してチャップマンから四球を選んだことも。

延長12回に代打サヨナラ打。

通算で18本のホームランを打っていますね。

18年は5年ぶりの0本塁打でしたが、19年は開幕早々に打っています。

近年はトレード候補にもなっていますが、故障もありトレードバリューも落ちてしまいましたね。
オフにFAですが好契約は期待できそうにないので、お買い得リストに入れるかどうかですね・・・。
まだ19年は始まったばかりなのですが、復活はできるかどうか怪しいかもしれません・・・。

スポンサードリンク