主に90年代に活躍した外野手のマーキス・グリッソム
04年に37歳にして22本塁打90打点を記録する活躍。
しかし翌05年は極度の不振で引退となっています。

スポンサードリンク

マーキス・グリッソムのハイライト

89年にエクスポズでデビューしたグリッソム。

94年のサヨナラランニングホームランはグリッソムを代表するハイライトです。
センターはグラブで弾いて惜しくも好プレーを逃してしまいましたが・・・。
捕ろうとしなければ三塁打で済んだかもしれませんが、これは仕方がありませんね。

94年のオールスターではランディ・ジョンソンからホームラン。



ブレーブスでプレーした95年のDS初戦でホームラン。

同年DS第2戦でもホームラン。

96年にはキャリア唯一のシーズン200安打をホームランで決めています。

インディアンス時代の97年CS第2戦でのホームラン。

04年には新球場ペトコ・パーク史上初のホームランを記録しています。

スポンサードリンク

マーキス・グリッソムのサヨナラホームスティール

グリッソムのハイライトに97年のCS第3戦。
延長12回のサヨナラホームスティールがあります。
といっても、スクイズ失敗がラッキーな形でホームスティールとなったのですが・・・。

これはなんとも審判泣かせな出来事でしたね!
サヨナラだからレギュラーシーズンでも嫌でしょうに、ポストシーズンですからねー。

生きた心地がしなかったんじゃないかな?
それでも自信満々にジャッジできるならたいしたものですけど。
まあ、実際にバットには当たっていないように見えますね。



ちなみに、バットに当たったかどうかなんて、審判もはっきりと見えるわけではありません。
だから、バットとボールが擦れた音や匂いで判断するわけです。
よくもまあ、そんなもので判断が出来ると思わされますが・・・。

この試合のグリッソムは9回1アウトからボールを見失い、同点にしてしまうハプニングもありました。
照明とボールが重なったのでしょうが、これはアンラッキーな出来事でしたね。

ちなみにワールドシリーズでは素晴らしいキャッチを見せていますね!
ゴールドグラブ賞も4度受賞している名手です。



チームを転々とした選手ですが、問題児というわけではなくチームリーダーとしても評価されていたようですね。
まあ、選球眼があるタイプではなかったようですけど・・・。
通算429盗塁で盗塁王は2度、通算2251安打を打った名選手です。

スポンサードリンク