16年のホームラン王であるマーク・トランボ

17年に打った通算200号。
MLBを代表するパワーヒッターではあるのですが、パワー以外のツールがイマイチなので評価は低くなってしまいますね。

スポンサードリンク

マーク・トランボの打撃

10年にエンジェルスでデビューしたトランボ。
こちらは11年の初ホームラン。

11年は29本塁打を打つなど、早くからパワーヒッターとして活躍しています。

サヨナラホームラン!

こちらは特大ホームラン!



15年のシーズン途中にマリナーズへ移籍。

マリナーズ時代の特大ホームランです!
15年オフにトレードでオリオールズへ移籍。

キャリア初の40号を打つなど、47本塁打でホームラン王になっています!
ただ17年は23本塁打・・・。
元々3割を切ることも多い出塁率も.289とキャリアワースト。

こちらは見事なグランドスラムですが、シーズンを通じて低調でしたね。

一方、こちらはスイングした球が膝に当たるという珍プレーです!


マーク・トランボの守備

パワー特化型選手ということで、イメージ通り守備はよくないトランボです。

こちらは見事なダイビングストップ!



ファーストと外野を半々ぐらい守っているトランボ。
外野はライトを守っていることが多いですね。

こちらはダイビングキャッチ。

スライディングキャッチ。

こちらは見事な送球を見せています!
まあ、守備は特に見るべきところはないですな・・・。

スポンサードリンク

マーク・トランボが高めのボール球をホームラン!

トランボのハイライトに高めのボール球をホームランにした打席があります。

肩ぐらいの高いボールですね!
4.62フィート、地面から約140センチのボール球だったようです。

一方でこちらはトランボのドッペルゲンガーだと話題に。
まあ、ただでさえ外国人の顔は似て見えるものですが、トランボの顔なんて余計にイメージがないので判断できないですね。笑



契約は19年まで残っているトランボです。
オリオールズはチーム状況も悪いのでトレードに出したいところでしょうが、良い放出先は見つからないでしょうからね・・・。
パワー特化型の選手は低評価の時代になっていますが、トランボには盛り返しを期待したいですね!

スポンサードリンク