2010年のオールスター外野手であるマーロン・バード

鳥が舞うなか、試合を締めくくるキャッチ。

View this post on Instagram

❤️❤️❤️

Marlon Byrdさん(@mjbsr)がシェアした投稿 –

こちらが息子さんと娘さんかな。

スポンサードリンク

マーロン・バードの打撃

02年にフィリーズでデビューしたバード。
03年に打率3割を打ち、新人王投票4位の活躍を見せています。

03年のサヨナラホームラン。

08年レンジャーズ時代のサヨナラグランドスラム。

13年パイレーツ移籍初戦でスリーラン。

同年のワイルドカードゲームで先制ホームラン。

15年にジャイアンツのシーズン記録となるチーム8本目のグランドスラム。

スポンサードリンク

マーロン・バードの守備

外野3ポジションはセンターを最も多く守っているバードです。

素晴らしいダイビングキャッチ!
打者はソフトバンクでもプレーしたトニー・バティスタです。

ダイビングキャッチ&エンドランで飛び出したランナーをアウトに。

スライディングキャッチ。

ダイビングキャッチ。

フェンス手前でナイスキャッチ。

View this post on Instagram

Using my tools

Marlon Byrdさん(@mjbsr)がシェアした投稿 –

16年に2度目の薬物違反で162試合の出場停止処分。
その後はMLBでのプレーがなく引退したバードです。

なんだかんだで1538安打も打っていたんですね・・・。
2度の出場停止はマイナスイメージですが成績を見れば成功のキャリアではあります。

スポンサードリンク