レイズでサードを守るキューバ出身のヤンディ・ディアス

元々はインディアンスの選手ですが、マリナーズを含めた三角トレードでレイズへ移籍。
レイズ移籍後にMLB定着を果たしていますね。


ヤンディ・ディアスの動画

17年にインディアンスでデビューしたディアス。

MLB初ヒットはダルビッシュ有投手から。

19年のワイルドカードゲームでは1試合2本塁打を打っています。

ピンチを救うダイビングキャッチ。

ダイビングストップ。

ベアハンドプレー。

19年は79試合で14本塁打。
キューバ出身選手にしては珍しく四球も選び、打率.267に対して出塁率.340。
マイナー通算でも三振より四球が多いです。


20年で29歳ともう若い選手ではありません。
まだフルシーズンレギュラーとしてプレーした経験はありませんが、20年は短縮シーズン。
彼にとっても不運なシーズンとなっています。

スポンサードリンク